ADHD,家事
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家事苦手おばちゃんのブログ

ADHDで家事が苦手すぎる50過ぎのおばちゃんが奮闘する日常ブログ

食器洗い方法の研究

image

先日「プレバト才能ランキング」で食器洗いをやっていたので録画しておいて見ました。

主婦歴30年以上になりますが、食器洗いの方法なんて気にしないで今まで来ました。 最近、反省してちゃんと家事を勉強しているのですよ。今更ですがね。

以前の私の食器洗いの方法は、手洗いの場合、スポンジに食器洗い洗剤を含ませて泡立てた後、食器を片っ端から手に取り洗い、流水で流し、水切り籠へ。一つずつの食器に対しこの一連の流れ。その間水は流しっぱなしです。水がもったいない事はわかっていましたが、ついつい食器洗いをためてしまい、収拾がつかなくなり、この方法でやっつけていました。

私の実家の母は違いました。 まずは食器の汚れをぼろ布や古新聞でぬぐい、それから下洗いした後、洗剤をつけてこすり、すべての食器を洗剤でこすってから、流水すすぎでした。 油汚れのないものは洗剤は使いません。

私のやり方がダメな事がわかっていたので、反省し、節水になる方法を工夫。 引っ越しを機会に食器洗い機を手放したことも手伝っています。

私が反省して、この番組を見る前までやっていた食器洗い方法は、以下の通り。

※3人家族の、一日分の食器をためてしまったものを洗います↓

image

(1)食器から汚れをできるだけ取る。ゴムベラなど使用。 (2)スポンジに水と洗剤を含ませ泡立て、食器をこする。洗うべき食器を全部こすってシンク内に置く。シンク内に置ききれない場合は調理台にもおいて、とにかく全部の食器をこすってしまう。 (3)洗い桶に水が流れ込むようにしながら、コップなど割れやすいものから先に洗う。泡が落ちたら水切り籠に伏せる。すすぎの最中でも洗っている水が洗い桶いっぱいになったら流水を止める。 (4)まだすすいでいない食器を洗い桶の水につけて洗剤を落として、いったん洗い桶の外に置いておく。 (5)洗い桶の水を流し、再び(3)の手順と同じにして残りの食器の二度目のすすぎをする。 (6)二度目のすすぎでほぼ洗剤が落ちるので、すすぎ終わった食器から順に水切り籠に伏せる

以上です。

ページ最初に張った画像が、3人分の食器を1日分ためてしまったものを洗った後です。 食器洗いはためてやったほうが節約になるというのも手伝いついついためてしまっていました。 このやり方では、私の昔のやり方に比べれば節水になると思いますが、少量の食器をこまめに洗うには適していませんでした。

これからは、才能ランキングで、家事のプロの先生や、才能あり判定だった高橋ひとみさんの洗い方を参考にする事にします。

やり方のポイントは以下の通り。

(1)あらかじめキッチンペーパーなどを使い汚れをおとしておく。 (2)汚れの酷いものには重曹を使いつけ置きの技も駆使して賢く落とす。 (3)すすぎは流水で良いが、水道の水の量を常に調節して、必要な水だけを使ってエコでかつしっかりすすぐ

これで、こまめにすっきり食器を洗うことができるようになるでしょうか? 後日談はあるかな?